雑記

家事代行を東京以外で導入する時に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TBSで放送されていた人気ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で一気に知名度のあがった家事代行サービス
いわゆる「家政婦」「メイドさん」といった方がわかりやすいかもしれません。(厳密には家政婦と家事代行は異なります)
最近はベアーズCasyタスカジなど、多くのサービスがテレビの情報番組などでも取り上げられています。

既にリバ邸渋谷が先行導入されており、今月からリバ邸大宮でもついに導入が始まりました。(越谷は検討中)
今のところ水回りの清掃をお願いしていますが、大変満足する内容になっています。
実は「リバ邸をさいたま市で立ち上げよう!」という時から家事代行の導入は検討しており、念願の導入となります。

通常のシェアハウスでは清掃業者が入ることはよくありますが、リバ邸で家事代行を導入するメリットについては、リバ邸渋谷の記事がまとまっているので、ご紹介します。

リバ邸で家事代行サービスを導入する3つのメリット(リバ邸渋谷)
https://goo.gl/xNgCcQ

ただ、リバ邸大宮があるのは埼玉県。
多くのサービスが都内、中でも23区での提供を想定しているため、対応していないサービスも多いのです。
例えば、非常に安価で導入しやすいCasyやDMM Okanのサービス提供範囲は、都内が中心になっています。
https://casy.co.jp/area
http://help.dmm.com/-/detail/=/qid=45162/

また、安価なサービスはクレジットカード決済が基本になっており、「住民で割り勘」的な導入が難しく、そこもリバ邸で導入する一つのハードルになっていると思います。

埼玉県、特にリバ邸大宮のあるさいたま市は政令指定都市かつ東京近郊のため、ベアーズなどの対応サービスも比較的多いのですが、リバ邸越谷のある越谷市は対応サービスがかなり減り、それ以上地方へ行くと対応サービス探しがなかなか難しいのではないかと思います。

かなりの数のサービスを比較検討し、リバ邸大宮ではさいたま市西区が対応範囲で、口座振替にも対応するキャットハンド、今後の越谷での導入を見据えてCtoC型のタスカジの2サービスと契約することになりました。

リバ邸だけでなく、小規模なシェアハウスでは家事代行はおすすめですが、まだまだ地方では気軽に使えるとは言えないと感じます。
今後地方でも気軽に使えるように、より家事代行、そしてシェアリングエコノミーが広がれば良いなと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加