雑記

私がガラケーを持ち続ける、たった1つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ガラケー。
昔は誰もが持っていたのに、いつの間にかガラパゴス携帯とバカにされ、今ではiPhoneを始めとするスマートフォンに取って代わられた存在。(シェアは一定程度あるけれども)

でも、私は今でもガラケーを持ち続けている。(格安SIMでAndroidのスマホも持ってはいるけれども)
ちなみに愛用しているのは、今はなきソニー・エリクソンのU1。

CM、カッコ良かったんだぜ。
今はこういうCMなくなったよなあ。

ただ、月額500円程度から運用できる格安SIMと、1万円前後から新品が購入できるSIMフリースマートフォンの登場によって、ガラケーの数少ない優位点であった、価格的メリットはもはやなくなったといえるでしょう。
では、なぜガラケーを持ち続ける意味があるのか。

それは携帯依存、デジタル依存を出来る限りなくし、普段からデジタルデトックスをするためにほかならないです。

いやー、ほんとLINEが誕生してとても便利にはなったし、正直LINEがなかったらLSGの運営、できてないかもしれません。
それだけ重要で、多くの日本国民必須のアプリです。
でも、その分時間を割かれ、常に「ぶー、ぶぶ」というバイブがなったかなっていないかという恐怖と戦い続けなければいけません。
正直、ポケットにいれていると常に気になって仕方ありません。

そして、ツイッター。LSGでも、情報発信するのに一番使ってるSNSですね。一時期、私も頻繁に発信していたこともあったし、頻繁に見ることもありました。
特に政治や経済なんかの情報は好きなので、そういった有名人や知識人のツイートをみていることもあったけれど、結局そういう人たちのツイートは、自らのコンテンツに引き込むためのポジショントークである事が多いので、発信内容について考察する必要があります。

例えば、堀江貴文さんのツイートなんか典型的。
よく炎上するようなツイートをするわけなんですけど、大体わざと意図的に、言葉足らずで発信するわけです。
そうすると、どういう真意でそのツイートをしたのか、考えなきゃいけないわけです。
それで一日、頭がいっぱいになって疲れてしまうこともよくあります。
結局あの人が本当はなにを考えてるのか知るには、ただのしがないフリーターの私には有料メルマガしかないんですよね。

結局本を読むのが苦手でKindleすら放置気味の私は、今となっては、「友人のSNSを見るのすら疲れるし、ざっくりな情報をLINEニュースから、あとはカスタマイズしたスマートニュースがあれば、スマホから得られる情報はOK、あとはせいぜい好きな芸能人や企業団体の公式アカウントのツイートを見るくらいで読み物は大丈夫」みたいな感じで落ち着いてます。
まあ、LINEはやるしかないんですが、今でも携帯メール時代に戻らないかなあと、昔もらったデコメや記念日携帯サイト見ながら感傷に浸るきもいおっさんはこちらです。

やっぱり自分みたいな、ガラケーしかない時代でも夜中に電話がくるのをびくびくしていたような豆腐メンタル人間からすれば、時間があるとき、のーんびりパソコンからmixiとかいろいろ見るのが精神的に楽ちんです。
あ、でもパソコンだと色々気になっちゃうから、夜中にニコニコ動画やYoutubeなどの動画サイトを見る時は、もっぱらニンテンドー3DSから見てます。

05_px240

とりあえず言いたかったのは。
ガラケー大好き!っていうのと、デジタルデトックスは大事にしろよ!ってこと。

参考:デジタル・デトックスする4つの方法【スッキリ】(NAVERまとめ)
http://matome.naver.jp/odai/2137709233918025701

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*