雑記

鍋で米を炊く

DSC_0397

セリアで100円で購入したアルミ鍋。もちろん、これでもおいしく炊ける。

今日、小さな暮らしとかスモールライフ、シンプルライフという言葉をよく耳にするようになった。

長引く不況により大量消費社会に陰りが出て、物を持たない生活、お金を使わない生活が次第にクローズアップされるようになった。

シェアハウスも、居住費を抑えている意味で、小さな暮らしの一形態と言える。

小さな暮らしに興味を持ち、実践者の書籍やホームページを漁った。彼らに共通するのは炊飯器を持たないことである。

米を食べないわけではない。鍋で米を炊くのだ。

一人暮らししていたとき、食費の削るため、レトルトパック飯から炊飯に切り替えようと考えていた。

ところが、ドケチな僕は炊飯器に初期投資する勇気がなかった。安いのは不味いという話も聞いた。

そこで、カセットコンロと鍋で炊飯する道を選んだ。2点で計3000円程である。

経験を重ね、どうすれば上手く炊けるかというのも分かってきた。ここに記録しておく。

  1. 軽く洗った米(無洗米は不要)を鍋の中に入れ、水を浸す。水量は米量の1.1倍(1合)。無洗米なら1.2倍。古米は多めにする。各人、好みの固さは異なるので適宜調整する。困ったら気持ち多めに入れる。
  2. 冬場は1時間、夏場は30分待つ。これは最低時間なので、もちろん超過してもよい。
  3. 鍋に火を点け、まずは強火にし、菜箸などで火が均等に通るように適度にかき混ぜる。
  4. ぐつぐつしてきたら、蓋をして、弱火~中火にして10分待つ。ふきこぼれるようなら、火が強い証拠なので、弱めにする。蓋を開けてはいけない。
  5. その後、一旦強火にしてから、火を消しまた10分待つ。僕は勝手に「10-10の法則」と呼んでいる。蓋を開けてはいけない。
  6. 蓋を開け、食べる分だけをお椀に移す。残りは耐熱容器に入れて冷凍保存推奨。

 

余談だが、鍋は普通のアルミ鍋で十分。土鍋はよりふっくら炊けるものの、米がこびり付いて洗うのが面倒なので、多忙な方には不向き。ステンレス鍋は熱伝導率が低いためか、芯が残りやすい。

ちなみに、僕はガス火でしか調理したことがないので、IHについては要検証。

炊飯器が壊れたり、キャンプに行ったりするときは、是非ご参考ください。

コメントを残す

*